埼玉県⚽さいたま市

岩槻ジャガーズの夢は
【グラウンドを子供達の笑顔でいっぱいにすることです】
〜今までもずっと、今からはもっと〜

【岩槻ジャガーズ概要】

卒団生の活躍

原田虹輝
経歴
埼玉県出身で高校では昌平高等学校に進学。昌平高校で2年生からレギュラーに定着すると、3年生の夏に出場した全国高校総体の準々決勝・大津高校戦で2得点を挙げ勝利に導くなど、4強入りに大きく貢献した。その後、練習参加を経て、2018年10月16日、川崎フロンターレに入団が決定した。

2021年、ガイナーレ鳥取に期限付

所属クラブ
ユース経歴
岩槻ジャガーズサッカースポーツ少年団(さいたま市立太田小学校)
Jrユースサッカークラブ与野(さいたま市立岩槻中学校)
昌平高等学校
プロ経歴
2019年 - 川崎フロンターレ
2021年 - ガイナーレ鳥取(期限付き移籍)
真中裕都
新年度より松本山雅ユースに入団

指導者資格コンテンツ

※スポーツ少年団認定員
※サッカー協会D級
※キッズリーダー
※4級審判員
関根・山本・加藤ひとし
※審判部長3級審判員・4級審判員
加藤かんじ・加藤しゅんき
※4級審判員
山下・栗原・小島・金子・小林

チーム沿革

1975年 ジャガーズの全身であるALL岩槻サッカースポーツ少年団が岩槻2番目の少年サッカーチームとして創立
1977年 ALL岩槻サッカースポーツ少年団に変わり岩槻ジャガーズサッカースポーツ少年団を設立
 第3代監督、関根美智夫氏により現在の岩槻ジャガーズサッカースポーツ少団の礎を築く
関根美智夫氏は岩槻市少年サッカー連盟設立に寄与、岩槻市スポーツ少年団指導者協議会でも数々の功績をあげる
さいたま市との合併時、岩槻市の代表として交渉を重ね円満に合併
 さらに「岩槻に少年サッカーグラウンドを」の声のもと市、県との交渉他、嘆願書の発起人など少年サッカーグラウンド誘致に尽力される
1987年 岩槻文化公園が整備される以前に公園内河川敷に土地を市により提案される。承諾後少年サッカー関係者によりグラウンド整備を行い活動できるまでにする
その他、日独同時交流、県外のチームとの交流など岩槻ジャガーズのサッカーの活動以外にも地域活動など現在の岩槻ジャガーズの活動の基礎を築く

 関根美智夫氏チームの功績

 1985年埼玉県スポーツ少年団県大会優勝
 当時のクラブ(現Jリーグ)ユース、全国高校サッカー選手権大会に数々の選手を輩出
原田虹輝の父、原田智宏(県大優勝メンバー)においても高校選手権、東京FCの全身東京ガスで活躍
2019年川崎フロンターレに原田虹輝が入団
※2021年よりガイナーレ鳥取にレンタル移籍
2021年松本山雅ユースに真中裕都入団

指導理念

岩槻ジャガーズ指導理念は関根美智夫氏により
以下3つを提唱

「継続は力なり」
「一人はみんなのために、みんなは一人のために」
「一分一秒を大切に」

【YouTube】開設しました

※年間約400本の動画配信
サッカーがもっと好きになるきっかけ作り
写真をclickして、YouTubeをご覧ください

【Twitter】開設しました

※岩槻ジャガーズのリアルタイムをお届け
もっと岩槻ジャガーズを知ってもらいたい
写真をclickして、Twitterをご覧ください

【Instagram】開設しました

※大人から子供まで全ての方に
写真で分かりやすく楽しんでもらいたい
写真をclickして、Instagramをご覧ください

ホームページランキング参加中

One for all, All for one

一人はみんなのために、みんなは一人のために
さぁ、行こう!!
岩槻ジャガーズサッカースポーツ少年団

みんなが笑顔になる力をサッカーは持っている
Dramatic my life from 岩槻ジャガーズ

Let's make the future together
一緒に未来を作って行こう!より良いHPを作成する為に
Google AnalyticsとYouTube Studioを導入しております

powered by crayon(クレヨン)